はんてんと読みます

半纏

またの名をちゃんちゃんこ

最近では室内が暖かい事もあり着る人も少なくなった半纏ですが、子供などが着るととても可愛いですね。大人用でもキャラクターデザインなどのものも売っていて、寒い日にはこれを羽織れば暖房要らずの節約にもなるんです。丈の長いものには、どてらと呼ばれる室内用のコートのようなものもあります。正式には綿が入っていて防寒用のものが、どてらと呼ばれ袖の無いベスト型のどてらを、ちゃんちゃんこと呼びます。半纏は、お祭りなどのときに着るものや時代劇などで火消しが来ているものをいいます。最近では、綿の入った和服の形で長さのないものをまとめて半纏と呼ぶ人が多くなっています。昔ながらの綿も暖かいのですが、羽毛などで作られたものも人気があります。またリフォームとして着なくなった着物を半纏としてリメイクしてくれるお店もあります。大切な着物でも時代と共に着用する事が減ってしまったり虫に食われたりで傷んでしまい着られなくなってしまうことがありますが、捨てるのはもったいないので作りなおしてもらって長く着る事をお勧めします。またネットなどでリメイクの仕方を調べれば自分で作る事も可能です。子供用などなら小さいので作りやすいですね。袖の無いちゃんちゃんこも背中からとても暖かいのですが、やはり袖のある半纏やどてらの暖かさは段違いです。肩が冷えないので風邪の予防にもなります。ちなみに室内できる半纏には帯は無く紐で結ぶものが多いのですが、お祭りなどの綿の入っていない半纏は帯で結びます。

Copyright© 2018 最近注目が集まっている半纏【人気の理由を大公開】 All Rights Reserved.